プエラリア未配合のポンピンの成分を徹底分析!見逃しちゃいけないのはこの成分!

 

 

プエラリアが入っていないにも関わらず、「効果絶大!」「バストが1カップ以上大きくなった!」と話題になっているポンピン。

 

 

「プエラリアってバストケア商品には必須成分だったはずなのに、なんで?」

 

「プエラリアが入っていないならどんな成分がバストアップに貢献しているの?!」

 

 

と不思議に思っている方も多いのではないでしょうか?確かにポンピンにはプエラリアは入っていません。というか、「わざと入れていない」んです。でも効果を実感している人はたくさんいますよね…

 

今回はプエラリア未配合のポンピンが、なぜここまで支持されているのかという秘密に迫りたいと思います。プエラリアに変わる注目の成分や、ポンピン独自のテクノロジーについてもご紹介しますね。

 

 

 

そもそもなんでポンピンはプエラリア未配合?

 

 

「プエラリアは健康被害を引き起こす可能性のある成分!だからポンピンには配合されていません!」

 

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは乳腺組織や脂肪組織を発達させる作用を持っていることから、ほとんどのバストケア商品には「エストロゲンに似た働きをする成分」が配合されています。エストロゲンはバストアップの鍵をにぎるホルモンなんですね!

 

「エストロゲンに似た働きをする成分」として有名なのが大豆イソフラボン。この大豆イソフラボンの10000倍近いパワーを持っていると言われているのが「プエラリア」なんです。10000倍ってすごいですよね、バストアップ効果に期待大という感じ。

 

 

 

 

ですがこの強力なパワーが仇となってしまったんです…「エストロゲンの分泌量は、多ければ多いほど良い」というわけではありません。分泌量が大きく変わるとホルモンバランスが乱れて様々な不調を招いてしまうんです。

 

つまり「エストロゲンを活性化させる力が強すぎるプエラリア」が配合されたバストケア商品を摂取することでホルモンバランが乱れ、それが原因で生理不順・不正出血・じんましん・頭痛などを引き起こしてしまう可能性があるということなんです。

 

事実、プエラリア配合のサプリを摂取した事による健康被害が多数報告されていて、国民生活センターから「プエラリアの安易な摂取は控えましょう」という発表がなされているんです・・・

 

 

バストアップはもちろん重要ですが、最重要事項は「健康」ですよね。健康面に配慮して、ポンピンはプエラリア未配合ということなんです。プエラリアはその強いバストアップ効果から、健康被害が報告されるまではバストケアアイテムには必須の成分でした。

 

では、バストケア必須成分であるプエラリアを使っていないのに、なぜポンピンは口コミで高評価を得ているのでしょうか?!実はポンピンにはプレラリアに匹敵する注目の成分が配合されているんです!ポンピンはジェルとゼリー(サプリ)の2つのアイテムがセットになった商品。ジェル、ゼリーともに特徴的な成分が配合されているので、それぞれご紹介しますね。

 

 

 

 

ポンピンジェルの特徴的な成分は?

 

プエラリアに匹敵する注目の成分「ボルフィリン」

美容大国フランスで発見された成分で、塗った場所の脂肪を増やす効果を期待でき、バストの弾力やハリに直結する成分です!

 

 

国際原料展、金賞受賞成分「アディポフィリン」

脂肪を蓄積する働きがあり、バストのボリュームをアップしてくれます!脂肪の蓄積によってほうれい線や小じわを目立たなくさせることができるとして、アンチエイジング化粧品にも使用されている成分です。

 

 

ダイズ種子エキス

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれている成分で、お肌に潤いを与えてくれます。プエラリアのように強く作用するわけではないため、健康被害の心配はありません!

 

 

ウラボシヤハズエキス

脂肪細胞の栄養補給に大きく関わる酵素が含まれており、脂肪蓄積のサポートを行います。また、お肌を保湿する効果も期待でき、しっとりとしたなめらかなバストに導いてくれる成分です。

 

 

 

バストアップ成分として配合されている特徴的な成分は以上の4つですが、この他にもヒアルロン酸やセラミドなど、ジェルには美容成分がたくさん含まれているんです!そして何よりも特徴的なのが「成分の形」です。上記の4つの美乳成分は、より浸透しやすい形に変えて配合されているんです。

 

 

 

ナノBテクノロジーって何?

 

 

お肌表面で効果を発揮する成分・奥まで浸透しないと意味がない成分など、成分によって浸透すべき場所は様々です。

 

でも通常の成分の形では、成分の分子の大きさによって浸透できる場所が制限されちゃっているんです。どれだけバストアップに効果的な成分でも、必要な場所に届かなければ効果を十分に発揮することはできませんよね。

 

 

「つまり成分の効果をしっかりと発揮させるためには、成分によって分子の大きさを変える必要があるということ!」

 

 

それを可能にしたのが、ポンピンのメーカーである株式会社ピカイチ が開発した「ナノB テクノロジー 3.0」なんです。

 

ナノB テクノロジー 3.0は成分によってサイズと浸透速度をコントロールする技術。ナノB テクノロジー 3.0を使うと、サイズは最小で10億分の1メートルまで小さくすることができ、更に成分をカプセル化することで浸透階層を選んで留めることができるんです。

 

つまりつまり、ナノBテクノロジーによって成分を最適な形にすることで、各成分を必要な場所にしっかりと届けることができるということなんですよ。すごいですよね!

 

ジェルに含まれる4大美乳成分はナノBテクノロジーによって効果をより発揮しやすい形に変えられているため、プエラリアに匹敵・それ以上の効果を期待できるというわけなんです。

 

 

 

ポンピンゼリーの特徴的な成分は?

 

アグリマックス(アグリコン型イソフラボン)

女性ホルモンに似た働きをする成分であるイソフラボンの一種ですが、一般的なイソフラボンの3倍の吸収力を誇ります。プエラリアのように強力な作用はありませんので、安心して摂取することができます。

 

 

エラスチン

お肌にもともと存在し、お肌の弾力を維持する成分。バストに弾力を与え、脂肪を支える重要な役割をしてくれます。

 

 

この他にもビタミンCが豊富なアサイー・カムカム・ザクロ・ゴジベリーなど、ハリや弾力のもととなるコラーゲンの生成に必要なビタミンCが豊富に含まれているスーパーフードが配合されています。

 

また美乳成分だけでなく、乳酸菌やギャバ・アルギニン・プラセンタ・ヒアルロン酸など、美容成分もこれでもかというほど含まれているんです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

ポンピンにはプエラリアは配合されていませんが、プエラリアに匹敵する成分が豊富に含まれていることが分かりました!

 

また成分の種類だけでなく「効果を発揮する形」に変えて配合されているのも、ポンピンの効果の高さの秘密と言えますね。

 

安全と効果を両立させたバストケア商品を使いたい方にはポンピンをおすすめします!